都内某大学院生。片手に史料、片手にグローブ。楽しい学芸員になります!


by nikibi_is_my_life

研究会の勉強会


こんばんは)^o^(ニキビです

東北旅行2日目の夜!in仙台です!
と本来ならいうはずだったんですが...

昨日の朝、体調不良のため仙台からトンボ帰りしてきました...笑
いや、笑うとこちゃう。
ご心配おかけしてしまいごめんなさい。
またお世話になる予定だった東北の友達にもごめんなさい。

最近は体調が落ち着いてきていたのに、
せっかくの旅行の日に悪くなるなんて...
残念でした(´;ω;`)


しかし、ぱっと切り替えがつくのが私のいいところ(であり悪いところでもある←)
体調のほうはぱっとしませんが、今しなきゃならないことをしていこうと思います。

まずは今月の26日!
私の所属している研究会(ほぼサークル)の勉強会があります。

先月くらいに先輩からお誘いがあって参加することになりました。
「なんでもいいから調べてきてね」とのことでした。
わかりましたーなんでもいいんですねーほほーい、と軽く考えておりましたが
逆にテーマ自由の方が難しいんですよね(笑)

うちの研究会は大学が購入した近世文書群(だいたい江戸時代を中心とした○○家文書などの史料群。今整理している文書群は段ボール20箱あります...)の解読や整理を行う歴史系研究会です。
なのでそれらしく歴史系のテーマを設定しようかなと思ったんですが、私なんかの知識や分析力では
先輩に叩かれるなあと思い(←)、神保町でふらふら買った新書を基に発表することにしました。
隣の畑?ぐらいの文化人類学についてです。
考古学概論や考古ゼミなどでちらほら名前は聞いたことがありました。
せっかくの機会なので調べてみてます。といってもほんと薄っぺらく概観するだけですが←

そんな準備を進めている勉強会なのですが、先日図書館でお誘いしていただいた先輩に
ばったりお会いして色々とびっくりするお話を伺いました。笑


びっくりポイントその1・・・先生もいらっしゃる。
えええええちょ!?えええええええええええ。
私完全に油断してました。めっちゃ油を断りましたもん。
普段うちの研究会は教授の研究室で活動しており、先生に史料購読についてご指導をいただいでいます。
けど、そういう普段のフォーマルな活動ではなく、お酒の席で数人で集まり互いに発表しあうような
ゆったりした勉強会だと思ってたんです!!
さらに聞けば、普通にいつもの研究室で行うとのこと。
しかも結構人が来るとのこと。
「参考文献1冊☆~(ゝ。∂) レジュメはB5で1枚☆~(ゝ。∂)」なんて想定していた私は、くず。
焦りながら本読んでます。(まだ読み終わってないのは内緒)

そして、
びっくりポイントその2…うちの研究会創設以来、「勉強会」は初めての試みらしい。
へー...(震え声)
恐ろしい恐ろしい。
私はてっきり勘違いしてました。
まずはこんなフォーマルな会であることもショッキングな事実だったんですが、
それが今回で”初めて”の勉強会だとは...
ということは前例があるわけでもないので、特に決まりごともないということですよね。
するとなおさら質のいい発表をしないといけないじゃないですかああああ。
「すいません私1年生なので☆~(ゝ。∂) よくわかんなーい☆~(ゝ。∂)」だなんて言えない...


そんなびっくり勉強会が26日に開催されます!
浅学ながらも一生懸命発表してこようと思います。
ひやあ怖い。みんなに叩かれたらわめく。

うちの研究会はこのようなコアな活動なので、
史学科生といえどなかなか研究会のドアを叩きません。
なので現在のところ1年生は私1人(真顔)
私は最年少にして一番経験の薄いひよっこなのです。
もはや叩かれない理由がない...

浅学ですので、とにかく一生懸命発表してきます。


あららもう5時になりそう。
今日はこの辺で失礼いたします。

以上ニキビでした。
[PR]
by nikibi_is_my_life | 2013-02-22 04:50 | ニキビの日々