都内某大学院生。片手に史料、片手にグローブ。楽しい学芸員になります!


by nikibi_is_my_life

秋、あっという間に冬。

 
前回の投稿からもう3か月も経ってしまったんですね!たまげた。
夏休みが終わり、2年後期もすでに折り返し地点を迎えております。
年明けには試験が始まるぞーい。ひゃー。

どうもこんにちはニキビです。

最近、東京に出てきてよかったなあ、とつくづく実感しております。
地元には歴史を勉強できる大学がなかったため(そもそも理科系の大学しかない)、
歴史をかじるには地元から出る必要がありました。
実際に「歴史学」ちゅう学問に触れ始めた嬉しさや、その面白さを感じる度、
「東京に来て良かったあ」と思っていました。去年ぐらいまで。

けれど、「中だるみ」という恐るべき現象は確かにありまして…
毎日(一応)歴史漬けな生活を繰り返していると、勉強していることが「あたりまえ」になってしまいがちなんですよねぇ。
自分をコントロールすることは、非常に難しい。
このことは牢人しているときも思いましたねぇ。たしか日曜のコンビニの帰り道に。

けれど東京は魅力的なまちです。
「あれがしたい」と思いながら歩くと、色々なところからチャンスが私のバックの中に入ってくるんです。(どんな比喩やねん)
最近は、某帝大の講義を拝聴させて頂いています。不似合い極まりないのですが。笑
歴史学を「史実の解明」という小さなスケールでしか捉えていなかった私は、
もっと広い視点で歴史を語る必要を提起される先生のお話に、近頃は夢中になっております。
高校受験の頃も思いましたけど、勉強をすると自分の悪いところがキレイに見えてくるんですよね。(苦笑)
なんと視点が狭いのだ!私は!

話がそれました。
チャンスがある、と書きました。
つまりよく考えてみれば、チャンスを与えてくれる方がいらっしゃる、ということなんでしょうか。
こんな不真面目で不勉強でチビでマヌケで古文書の読めない私に、手を伸ばしてくださる方がたくさんいらっしゃいます。
ありがたいなあ。

まっすぐ生きなければならないなあと思っています。
頑張るぞお。
d0106909_22550177.jpg
(写真1、ちかごろの東京の空です。朝夕は冷え込むようになりましたが、お昼はぽかぽかするんですよね。いいお天気です。北海道とは違うなあ。)

d0106909_22551295.jpg
(写真2、大手町駅のポスター。すごい挟まれた方ですよね、毎度思います。)

d0106909_22551208.jpg
(写真3、考古遺物コレクション。もちろん本物ではありません。でも真ん中の土偶なんてすごいいいで出来なんです。お気に入りなり。)

d0106909_22551186.jpg
(写真4、尊敬する東大史料編纂所。3年に1度の展覧会が開催されましたので、足を運んできました。私もかっこよくお仕事したいなあ、なんて。)


以上、近況報告でした。ニキビでした。


[PR]
by nikibi_is_my_life | 2013-11-16 23:04 | ニキビの日々 | Comments(0)