都内某大学院生。片手に史料、片手にグローブ。楽しい学芸員になります!


by nikibi_is_my_life

<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


新年でござる。ニキビです。
あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご厚誼の程、よろしくお願いいたします。

さてさて、今年で私ニキビは22歳になります(!)
本来ならいよいよ大学の最終学年を控え、卒論・就活に追われる1年を過ごしていたところでしょうが、
1年間の濃密な空白を経まして、大学2年生として清く正しく生きております(笑)

振り返ってみますと、ニキビと野球も8年目を迎えます。(初代を含めると9年目)
ほんとに、びっくら!な心境です。
以前ほどのノリも勢いはもうありませんが(成長?)、なんとか元気に生きております。
そんな生存確認のために、たまに覗いて頂けたら嬉しいです。
コメントなんか頂けると、そりゃまあ望外の喜びで御座います。


さあて、春になれば3年生です。
もう大学生活の半分が終わってしまうんですね、、、ひゃああ。
私の生活の中心が、というかもう生活のすべてが、大学生活そのものといっても過言じゃないくらい、
今の私の大切な時間になっております。
それは楽しいとか愉快とかではなく。
これからの今後10年を考える上で、本当に大切な時期、換言すれば“勝負”の時期なのだと、
勝手にそう思っているからです。

私は学部生の間では就活をしないつもりです。
「なんだフリーターにでもなるのか!」とお叱りを受けそうですが、
大学院に進学したいと考えています。
「なんだ!本質的にはフリーターと変わらないじゃないか!」とお叱りを受けそうですが、
そうですね、ごもっともです。笑

昨今の状況として博物館学芸員として採用されるためには修士号(大学院修士課程で取得)以上が求められるという、
厳しい現状もあるんですが、やはりもっと勉強をしなきゃならないと、肌で感じる次第故の進路希望です。

かっこいいこと言ってるなあ自分、笑

そんなかっこよくないぞお。

昨年は累計で80館ぐらいの博物館を見学し、色々な展示に触れてきました。
また、偉大なる先生、諸先輩方に、厚い御指導を承った1年でもございました。

10年後、20年後、私はどきどきしちゃう展示を作れるのか?、
魅力あふれるおじさんおばさんたちのように、身近な歴史を語れるのか?、
そんな漠然とした不安が、時として希望のように、生まれた1年でした。
仰々しく振り返るような大それた1年を過ごしたつもりはないけれど、
きらきらするもの触れて、目標のかたちが彫れてきた年だったかと思ってます。
(彫刻を意識した表現にしましたはっはっは)

だからもうちょっと、支えてくれているみんなには迷惑をかけるけれども、
もうちょっと頑張ってみたいんです。もしもし、延長希望お願いします。まず2年。

1年1年を区切って過ごす気はさらさらありませんが、
延長コースに向かって、大切な時間が待ってます。
だから楽しく愉快なキャンパスライフはいいやあ、って思ってます(笑)

お酒は苦手で、たばこは嫌い。
ギャンブルは性に合わず、女性は友達しかいません。
服を買うお金も髪を切るお金もなく、
街で遊ぶよりスタバで鉛筆握ってる方が好き。

そんな生活を、また今年も続けて参ります。

以上、ニキビでした。






しょうもない付け足し
[PR]
by nikibi_is_my_life | 2014-01-01 12:01 | ニキビの日々